SPINFEVER 夢幻のオーケストラ

去年の年末に野猿メダルコーナーで4号機の南国育ちの設定5~6を打てる機会が多く
それでメダルを増やしていたのですが、新年早々に台が故障からの撤去\(^o^)/
残ったメダルで試しにやってみたスピンフィーバーが俺好みなゲーム性で
最近はMJそっちのけでスピンフィーバーばかりやってますw
スピンフィーバー夢幻

始めた頃はロスの多いやり方だったみたいで
じわじわとメダルは減少していったのですが
やり込んでいる間に色々とわかってからは、じわじわと増えてます\(^o^)/

そんなわけでスピンフィーバー攻略への個人的な見解でも書いてみようかなと。



■JP獲得の間に消費するメダル量
当たり前だろとは言われそうだけど一番大事に思えるのはこれですね。
フィーバーゲームとJP皿に作為的なものは感じない
(バンパー3HITイベントは素直に普段の1.5倍だし、JP皿もおおよそ5分の1)
なので5分の1抽選なJP皿に5球を送り込むのに消費するメダルが
そのお店の青JPと赤JPで落ちてくるメダル量の平均値より少なければ
(野猿は初期値が青1000赤1500なので、落ち平均値おおよそ600~で見積もります)
長い目で見るとじわじわと増やしていけるんじゃないかと。
短期間だと上下1500枚くらいのブレはありますがw

■JP皿に球を送り込むには
とにかくFGを数多く少ない消費枚数でこなすw
そのために通常時のメダル落ちの良い(ボールも進む)ステーションを把握しておいたり
ボール排出(※1)のペースがあからさまに悪い時は撤退したりの立ち回りとか
確変時のパワープレイ(※2)と通常プレイ(※3)の押し引き判断ですね。

※1 ペイアウト率はボール排出率と確変突入率とフィーバーアイテム出現率
これらで行っていると推測しています。
大きめなJP出た直後はボール出づらくなりますし
バンパー3HITイベントの時はボール排出も確変率も終日渋いw
メダルそれなりに吸い込んでる時は逆の挙動になります。

※2 演出をシンプルではなく通常に変更し、メインデジタル回転毎にメニュー画面を呼び出し
確変FG100超え確定もしくはそれに近い時は、一度に3~4枚を入れるパワープレイw

※3 確変時の初回FGを目指している時とか、初回FGが即死した時とか
こういう時は両側から1枚ずつ投入の通常プレイ(メニュー画面は呼び出し)で
確変が終わったらそれは仕方なしと割り切ります。

■メダルを一番消費するのは確変時パワープレイだという事
多めの枚数を投入すると上段で重なりロスが発生しやすいです。
一番悲惨なのは、あと1球落とせば状態でギリギリ間に合わず確変終了なやつw
そんなわけで、パワープレイ押し引き判断は重要だと思います。

まだまだ書ける事は多々ありますが今回はこのへんで(続くかも?)でわでわ~

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むっくさん

Author:むっくさん
得意な料理は冷奴です。

最新コメント
最新記事
2016プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード